toggle navigation
toggle navigation

時効援用

Jikouenyou

その借金、返済しなくていいかも!消滅時効の制度! 時効援用をお考えの方へ

時効援用

時効援用とは、借金を5年もしくは10年以上返済していない場合、「時効期間を経過しているので借金を支払いません」と主張することで払わなくてよくなる制度です。
借金にも時効があると知って、「借金にも時効?返済しないで待っていれば、いつか返さなくてよくなるの?」と、考える方がいらっしゃいます。たしかに借金にも時効があり、時効の効力で返済の義務が無くなるというケースは存在します。 このことを借金の「消滅時効」といいますが、債務者(お金を借りた人)が、ただ長期滞納しているだけで返済義務が無くなるわけではありません。
時効期間が経過した後、「時効の援用」という手続きをしないと、時効の効力は発揮されないと決まっているからです。しかし、「時効の援用」をしないまま訴えられ、更に放置したために「判決」が取られてしまうと10年間「時効の援用」ができなくなります。 まずは今のあなたの状況がどうなっているのかを専門家に正しく判断してもらう必要があります。

※最適な債務整理を判断するには司法書士などの専門家に相談することをお勧めいたします。あくまで目安としてお読みください。

ここがポイント

  • 時効を主張することで借金を消滅させる

時効援用が向いている人の条件

時効援用のメリット・デメリット

時効援用のメリット

時効援用のデメリット

消滅時効と時効援用とは

時効援用失敗とは

時効援用できる条件

時効の起算点の考え方

時効援用が難しい方

時効援用の費用について

時効援用のよくあるご質問

借金にも時効があるって本当ですか?
借りたお金は返さなければいけないのが大原則ですが、それでも時効はあります。 時効制度の趣旨は、権利の上に眠る者を保護しないとか、証拠を長期間にわたって保全することの困難さを救済するためといわれています。 よって、お金を借りたからといって永久的に支払義務が続くわけではなく、債権者である貸主が請求を一定期間せず、かつ、債務者である借主が一定期間弁済をしなかった場合は時効の援用により支払い義務を消滅させることができます。
借金は何年で時効になりますか?
友人や親戚など個人間の借金の時効は10年ですが、サラ金やカード会社からの借金は5年で時効になります。 ただし、過去に債権者から裁判を起こされて、判決を取られているような場合は、そこから時効が10年間延長されます。 よって、貸金業者からの借金であっても、すでに判決を取られているような場合は時効が5年ではなく10年となりますが、そうでない限りは個人間の借金の半分の期間である5年で時効となります。 ただし、債権者が株式会社ではなく、信用金庫、信用組合、農協、商工中金、労働金庫、住宅金融支援機構などの場合は、時効期間が10年となります。 これは、信用金庫などが営利を目的とした組織ではないからです。 なお、信用金庫などからの借入れでも、債務者が個人事業主であって、事業目的で借入れをした場合は商事債権となるので、営利を目的としていない組織からの借入れであっても時効期間は5年となります。
借金の時効はいつからスタートしますか?
貸金業者からの借金は5年で時効になりますが、時効期間がいつからスタートするかが問題です。この点、消滅時効の起算点は最後に返済した時からです。 よって、借主である債務者が定期的に返済している間は時効が成立することはありません。 時効が成立しているかどうかの判断材料として、債権者から送付された催告書の中に「弁済期日」「約定返済日」などの記載がある場合は、その日付が5年以上前であれば、すでに時効期間が経過している可能性があるといえます。
5年が経過すると自動的に支払義務がなくなるのですか?
借金も5年(一部例外を除く)で時効できる状態になりますが、たとえ最後の返済から5年が経過したからといって、自動的に消滅時効が成立するわけではありません。 なぜなら、借主である債務者が自ら消滅時効の主張をしない限り、借金の支払義務がなくなることはないからです。 もし、債務者が時効制度を知らないために消滅時効の主張(これを「時効の援用」といいます)をしなければ、たとえ、最後の返済から5年(一部例外を除く)が経過していても、法的には借金の支払義務が残ったままとなります。
消滅時効を主張するにはどうすればいいですか?
配達証明付の内容証明郵便で通知するのが確実です。 たとえ最後の返済から5年が経過しても、借主である債務者が消滅時効を援用しない限り借金の支払義務はなくなりませんが、どのような方法で債権者に通知すればよいのかが問題となります。 消滅時効を援用する方法に特に決まりはありませんが、確実に証拠を残しておく意味でも口頭や普通の文書で通知するのではなく、配達証明付の内容証明郵便で消滅時効を援用するのが安全で最も確実な方法です。 なぜなら、内容証明で通知することで消滅時効を援用したことを証拠として残せるからです。
時効が中断する場合はどんな場合ですか?
権者の請求は、訴訟や支払督促などの裁判上の請求である必要があります。よって、単なる文書での請求(一括請求の催告書、訴訟予告通知など)では時効は中断しません。 また、時効の中断とは一時停止という意味ではなく、それまで進行していた時効が一旦リセットされ、新たに時効がゼロからスタートするということです。 つまり、最後の返済から4年11ヶ月で時効が中断した場合、それまでの4年11ヶ月がゼロとなり、そこから新たに時効がスタートすることになります。 なお、裁判外の請求であっても、時効の完成を6ヶ月だけ遅らせることができます。 例えば、時効が完成する直前に内容証明郵便で債務者に請求し、その後6ヶ月以内に訴訟などの裁判上の請求をすれば時効は中断します。 また、債務者が借金を承認した場合も時効が中断します。承認というのは借金の一部弁済のみならず、借主である債務者が貸主である債権者と支払方法について協議した場合(分割払いや減額のお願いなど)も含まれます。 なお、時効期間経過後に債務の承認があった場合も時効は中断するので、債権者はすでに時効期間が経過している場合でも、時効の成立を阻止するために、債務者の無知に乗じてあの手この手で借金を承認させようとしてきます。
数年ぶりに突然催告書が届いた場合はどうすればいいですか?
時効が成立している可能性がありますので、安易に債権者に連絡しないでください。 途中で返済をやめてから数年が経ったにもかかわらず、ある日突然、債権者から借金の催告書が届く場合があります。 繰り返しになりますが、すでに最後の返済から5年以上経過していることが明らかであれば、消滅時効の援用ができる可能性があるので安易に連絡をしてはいけません。 もし、電話で借金の支払いについて話をしたり、減額のお願いをしてしまうと時効中断事由の債務の承認に該当する可能性があります。 ただし、形式的には債務の承認といえる返済に関する話をしてしまった後でも、消滅時効の援用ができる場合があるので、まずはさがら司法書士事務所にご相談ください。 なお、時効を中断させるには裁判上の請求である必要があるので、ご連絡のお願いや訴訟予告通知などの書面が届いただけでは時効は中断しません。 その意味でも、安易に債権者に電話をしてしまうと、相手のペースに乗せられて債務の承認をさせられる可能性があるので要注意です。
債権者が自宅に訪問してきた場合はどうすればいいですか?
5年の時効期間経過後であっても、債権者が突然自宅に訪問してくることがあります。これは、時効期間経過後であっても、一部弁済などの債務の承認があれば時効が中断するからです。 そのため、債権者は突然、自宅などに訪問してきて「1,000円でもいいから入金してください」等と言ってきます。 しかし、たとえ少額であっても一部弁済してしまうと時効が中断してしまうので、債権者が自宅に訪問してきた場合は、借金の支払いについて一切の言質を与えないことが大切です。 「そんなことを今更急に言われても分かりません」と対応するのがいいでしょう。 なお、債権者が時効を中断させる目的で、いきなり債務者の自宅を訪問し、債務者の無知に乗じて少額の一部弁済をさせた場合であっても、債務者の時効援用権は喪失しないという裁判例もあるので、一部弁済をした後でも時効の援用ができる場合があります。
債権者から訴えられた場合はどうすればいいですか?
すぐに司法書士や弁護士に相談しましょう。訴状や支払督促が届いたにもかかわらず放置してした場合、たとえ時効期間が経過していても、債務者が時効の援用をしない限りは、債権者の請求どおりの判決が出てしまい、時効が中断してしまいます。 また、答弁書に分割払いを希望する等と書いて裁判所に提出してしまうと債務の承認となって時効が中断してしまいます。逆に言うと、判決が出るまでは時効できる可能性がありますので、訴状等が届いた場合は、速やかに司法書士や弁護士に相談し、適切な訴訟対応を依頼した方が安全です。
時効が成立しない場合はどうすればいいですか?
任意整理や自己破産を検討しましょう。 いまだ5年の時効期間が経過していなかったり、時効期間経過後に債務の承認をしてしまい時効が中断してしまった場合は、法的にも借金の支払義務があるので、消滅時効の援用をすることはできません。 もし、定期的な収入があり、分割返済することが可能であれば任意整理を検討し、返済できるだけの収入がないのであれば自己破産も視野に入れるべきでしょう。 どの手続きがベストであるかはさがら司法書士事務所にご相談ください。
債権回収会社から請求が来た場合の対処法は?
債権を譲り受けた会社に時効の援用をします。 債権回収会社(サービサー)というのは、法務大臣の許可を受けた債権回収専門業者です。長年、返済がされていない債権は、当初の貸金業者が債権回収会社に債権を譲渡したり、回収業務を委託している場合が珍しくありません。 債権譲渡があっても時効は中断しないので、例えば債権者Aから債権回収会社Bに債権譲渡されていても、Aに対する最後の返済からすでに5年以上経過している場合は、債務者は債権回収会社Bに対して、消滅時効の援用ができます。
保証会社から請求が来た場合の対処法は?
代位弁済から5年以上経過していれば時効の援用ができます。 銀行などの金融機関から借金をした場合、必ず保証会社が付いています。その場合、債務者の返済が2~3ヶ月滞ると保証会社が代位弁済をして、債権者の地位が銀行から保証会社に移ります。 保証会社は債務者の代わりに借金を返済することで、債務者に対して求償権を取得します。これにより、代位弁済後は保証会社から請求を受けることになります。 しかし、求償権についても保証会社が代位弁済をした日から5年以上経過すれば時効の援用ができます。
保証人も時効の援用はできますか?
保証人も時効の援用ができます。 すでに時効期間が経過している場合は、実際にお借入れをした主債務者だけではなく、保証人も消滅時効の援用をすることができます。 保証人がいる場合、債権者が主債務者に対して請求すると、保証人の時効も中断します(保証債務の付従性)。また、債権者が保証人に対して請求すると、主債務者の時効も中断します。 つまり、債権者はどちらか一方に請求をすることで両方の時効を中断させることができます。これに対して、保証人が債務の承認をしても、主債務者の時効は中断しないとされています。 なぜなら、主債務は保証債務に従属しないからです。 なお、主債務者が債務の承認をした場合、保証人の時効も中断しますが、例外的に時効期間経過後に主債務者が債務の承認をしても、保証人の時効援用権は喪失しないとされています。
時効の援用をすることで信用情報の事故情報(いわゆるブラックリスト)は消えますか?
消滅時効の援用をすることで法的な支払義務はなくなりますが、すぐさま事故情報が消えるとは限りません。借入業者ごとによって信用情報に対する報告の仕方が異なることも有るからです。 一般的には、日本信用情報機構(JICC)の場合、消滅時効の援用があった旨の報告があると、ファイルごと削除されて該当情報なし(ブラックリストが消える扱い)になるようです。 これに対して、シー・アイ・シー(CIC)の場合、消滅時効の援用があった旨の報告があると、「貸し倒れ」もしくは「契約終了」と記載され、いずれの場合でも報告があってから5年間は事故情報が掲載されるようです。どの借入業者からのお借入れであっても消滅時効の援用から5年後には確実に事故情報は消えますが、借入業者によっては消滅時効の援用後、すぐに事故情報が消えた事例もあります。
事故情報がない場合は時効の援用をする必要はないですか?
事故情報がなくても借金が残っている場合があります。 借金を滞納している間は、原則的に信用情報機関に事故情報が掲載され続けます。しかし、当初の債権者から債権回収会社などに債権譲渡された場合、信用情報には「移管終了」と記載されます。 債権を譲り受けた債権者は、信用情報機関に加盟している貸金業者ではないので、債権譲渡から一定期間経過すると元の信用情報自体を削除します。 そのため、債権回収会社などに譲渡された場合、借金自体は存在しているにもかかわらず、信用情報機関に事故情報が一切載っていないことがあるわけです。 よって、信用情報機関に照会したところ事故情報が一切載っていなかったとしても、借金自体がなくなったわけではないので、ある日突然、債権回収会社から催告書が送られてきたり、裁判上の請求をされる場合があります。
消滅時効の援用後に借金がないことの証明書はもらえる?
借金がなくなったことの証明書はもらえないことが多いです。 消滅時効の援用をすることで法的には借金の支払義務がなくなります。 債権者の中には時効の援用によって契約が終了したとして、当初の原契約書を返却してきたり、債権放棄額証明書などの書類を送ってくれるところもありますが、借金がなくなったことの証明書は発行してもらえるかはケースバイケースです。 なお、消滅時効の援用は証拠を残すという点からも、配達証明付の内容証明郵便でおこなうのが最も安全で確実です。 さがら司法書士事務所では、時効援用後に内容証明と配達証明の原本を依頼者に交付していますので、それが消滅時効を援用したことの証拠となります。
奨学金にも時効はありますか?
奨学金も10年で時効になります。 日本学生支援機構(旧育英会)などの奨学金も、返済期日から10年が経過すれば消滅時効の援用が可能です。奨学金の時効の起算点については、各回の返済期日から個別に進行するとされています。 近年、日本学生支援機構は滞納奨学金の回収に力を入れているため、債権回収業務を日立キャピタル債権回収、エム・ユー・フロンティア債権回収といった債権回収会社に委託しています。 そのため、長期間にわたって奨学金を滞納している場合は債権回収会社から催告書が届いたり、裁判所から訴状や支払督促が送付されることがあります。 中には、10年の時効期間が経過している場合があり、そういったケースでは中断事由がない限りは時効の援用ができます。
携帯料金にも時効はありますか?
携帯料金は5年で時効になります。 ドコモ、AU、ソフトバンクなどの携帯電話の利用料金も、サラ金やカード会社の借金と同じように5年で時効となります。 ただし、時効期間が経過する前に携帯会社から訴訟や支払督促などの裁判上の請求を受けた場合は、時効が10年に延長されます。大手3社の中ではドコモが最も回収に力を入れている印象があります。 ドコモは自社で請求するだけではなく、回収業務をニッテレ債権回収などの債権回収会社に委託している場合もあります。 なお、携帯電話の端末料金を利用料金と一緒に分割で支払っている場合は、契約上は商品の分割払いをしていることになるので、毎月の利用料金の返済が滞ると携帯会社が加盟しているシー・アイー・シー(CIC)に事故情報が掲載されてしまい、信用情報がいわゆるブラックとなります。 よって、端末料金を含んだ携帯料金を滞納している場合は、たとえ消滅時効の援用ができたとしても、その後、5年間は信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が載ることになるので注意が必要です。

債務整理メニューの関連ページについて

債務整理の無料相談・お問い合わせはこちら

時効援用 でお悩みの方は
さがら司法書士事務所

0120-808-939

営業時間9:00~19:30 / 定休日不定休

さがら司法書士事務所

ご相談についてはプライバシーに配慮し、完全個室でおこなっております。

Google口コミでも高評価いただいています

S TS T
18:27 16 May 24
この度は、先生とご縁がありましたこと、大変嬉しく存じます。最初のお電話から終始、素人の私でも理解ができるように、懇切丁寧に導いてくださり、無事に目標を達成することができました。途中、私がご迷惑をおかけしてしまったこともありましたが、他にも様々な案件でご多忙の折、見捨てずに最後までご対応いただけたことで、今日の私があると思っております。今後益々のご発展をお祈り申し上げます。本当に素晴らしい先生方です。親身になって、目標まで共に歩んでくださる方々です。私は、次回何か相談事があったときは、迷わず先生に連絡いたします。司法書士事務所はたくさんありますが、迷われている方は、一度相良先生にご連絡されることを強くおすすめいたします。
ヨッシーヨッシー
04:42 30 Apr 24
住宅ローン組むにあたり、携帯等の未払があり組めずに困っていたところ、時効援用の相談をさせて頂きました。司法書士の方や弁護士の方は固くて話しにくい勝手なイメージがありましたが、そんな事は全く無くこちらの話に親身に耳を傾けていただき、こちらがどうすれば解決できるかなど教えてくださりお願いすることにしました。料金に関しても一括が厳しかったので分割にもしていただき、とてもスムーズに手続きを終わらせて頂きました。進捗も細かく連絡をいただき、今後なにかの手続きに行き詰まった時は是非お願いしたい先生です。本当にありがとうございました!
晴奈(はるな)晴奈(はるな)
12:32 03 Apr 24
病気の再発をきっかけに相談をさせて頂きました。不安が大きく…また治療をしながらの準備でご迷惑お掛けしながらの運びとなりましたが小さなことでも相談に乗ってくださり親切に対応してくださりました。本当に感謝でいっぱいです。
m.m.
05:32 29 Mar 24
時効援用でお世話になりました。とても丁寧に対応して頂き満足です。また何かあった時は、相談させていただきたいです。
隆聖隆聖
06:04 25 Mar 24
みわみわ
02:43 21 Mar 24
時効援用の件で大変お世話になりました。相談しやすく丁寧にご対応いただき感謝してます。  また機会があればお願いしたいと思います。
きーさんきーさん
03:22 26 Feb 24
自己破産の相談を致しましたが、最初から最後まで本当に丁寧なご対応をしていただきました。借金問題で苦しんでいる方は、考える事なく、さがら先生に相談された方が良いと思います。又、スタッフの皆様方も分かりやすく丁寧なご対応いただき、本当にありがとうございました。
ケンケンケンケン
07:39 20 Feb 24
親身になって対応していただき、本当に助かりました❗️
DAI DAIDAI DAI
06:31 16 Feb 24
時効の援用をお願いしました。依頼者の相談を親身になってお話を聞いてくれる先生でした。とても良心的な依頼料で本当に感謝しています。また、機会があれば是非利用したいと思います。
yanoyano
02:10 25 Jan 24
相談前は緊張と不安だらけでしたが、相談してみると理解しやすい様に説明して頂きありがとうございました。また、私の都合で書類作成が遅くなっても依頼者に一番の選択で進めて頂き感謝しています。初めて相談しましたがとても安心してお任せする事が出来ました。
上田典子上田典子
08:32 21 Dec 23
先生やスタッフの方の対応も親切で優しく、親身に相談に応じて下さり、感謝しております。相談して良かったと心から思いました。無事和解も成立しまた新たな一歩を踏み出せました。ありがとうございました。
RIERIE
01:25 20 Dec 23
自己破産の相談に乗って頂きました。相談当時、体調が悪く入院や手術を控えていて夫婦とも不安しかなく、どんなに細かい質問でも丁寧に答えて頂き本当に救われました。半年程で手続きも完了して、自己破産せずに済みました。これも本当に先生のおかげです。色んな方向から相談者にとって一番良い形を考えて下さる先生なので、これから先もし私の周りで困っている人が居たら迷わず先生を紹介したいと思います。本当にお世話になり、ありがとうございました。
js_loader